とても貴重な代謝酵素の働き。なぜ不足するのでしょう?

「よく耳にする『酵素』という言葉。いまさら聞けないけれど、いったい何!?」

と思われる方も多くおおくいらっしゃるのではないでしょうか。

酵素はタンパク質の一種で大きく分けて3つあります。私たちの体の中にある『代謝酵素』と『消化酵素』、食物に含まれている『食物酵素』です。今回はその中の『代謝酵素』をわかりやすく説明していきます。

代謝酵素の働き

私たちの体は約60兆個の細胞で出来ているといわれています。そして、その細胞は毎日のように新しく生まれ変わり続けているのです。これを『代謝』といいます。

『代謝酵素』は私たちの細胞の生まれ変わりを促してくれる存在なのです。

スポンサーリンク

それだけでない代謝酵素の働き

『代謝酵素』は体内に入ってきた食物が消化され吸収されます。その吸収されたものから栄養を体全体の細胞に届けて、それぞれの働きを助けます。

皮膚の新陳代謝を行ったり、血液の材料とすることで免疫力をアップしたり、解毒作用を行ったり、腸の繊毛を新しくすることや善玉菌のバランスを良くすることによって、腸内環境を整え便秘の解消なども行っています。

スポンサーリンク

代謝酵素が不足すると

私たちの体の中で作られる『代謝酵素』の量は限られています。もし、『代謝酵素』が不足してしまうとどうなってしまうのでしょう?

『代謝酵素』にはホルモンのバランスを助けることにより、病気などから体を守る免疫作用や毒素排出作用を高める働きがあります。そのため、『代謝酵素』」が不足してしまうと疲れやすくなったり、風邪などをひきやすくなったりします。

さらに、細胞の生まれ変わりを助けるアミノ酸でもあるわけですから、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが上手くいかなくなり、シミやくすみの問題が出てきます。

『代謝酵素』は私たちが生命活動をする上で必要なたんぱく質です。不足すると体全体に影響が出ると言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

代謝酵素が不足がちになる理由

私たちの体の中の潜在酵素と呼ばれるものには『代謝酵素』ともう一つ、『消化酵素』というものがあります。
私たちが食べた物はすべて『消化酵素』により分解されます。そして、その『消化酵素』が不足するとそれを補うために『代謝酵素』が使われるのです。そのため、『消化酵素の不足』=『代謝酵素の減少』ということになります。

『代謝酵素』の不足する原因は加齢による減少と、先に説明した『消化酵素』の不足によるものが考えられます。

では、『消化酵素』はどうして不足するのでしょうか?

間食の回数が多い場合、『消化酵素』を多く使うことになります。常に食べた物を消化していくわけですから、食べる回数が多ければ多いほど消化酵素の消費は多くなっていきます。

また、栄養のバランスの悪いジャンクフードなどや、睡眠不足、喫煙なども『消化酵素』を消費する原因となります。そして、『消化酵素』が足りなくなってしまうと、『代謝酵素』がそれに代わり使われて減少するのです。

代謝酵素はサプリで補給できるの?

残念ながら『代謝酵素』をサプリメントやドリンクなどで補給することは出来ません。

では、どうやって『代謝酵素』を増やしていけばいいのでしょうか?

それは『消化酵素』の無駄遣いを減らすことです。そして、足りない『消化酵素』は体外から食物やサプリメント、酵素ドリンクなどで補給することが大切です。

酵素ドリンクも酵素をそのまま摂取できるわけではありません。微生物により分解された栄養素(酵素ドリンク)を体内に入れることにより、『消化酵素』を使うことなく栄養を細胞に届けることが出来るため、『消化酵素』の温存が可能なのです。

それは結果として『代謝酵素』の増加とも言えるでしょう。

まとめ

私たちが生きていくために必要な栄養を細胞に届け、細胞の新陳代謝を促す大切な酵素が『代謝酵素』です。

『代謝酵素』は体外から摂取することができません。体内で作られる量には限りがあるため、不足すると体調を崩したり美容にも影響がでることがわかりましたね。

また、『代謝酵素』は『消化酵素』と密接な関係があり、『消化酵素』が不足すると『代謝酵素』がそれを補う働きがあることもわかりました。

『代謝酵素』をすべて生命活動のために使うためにも、規則正しい生活とすぐに吸収することが可能な栄養を摂取することが『消化酵素』の不足を防ぐことが大切です。