酵素でデトックスできるって本当?仕組みをわかりやすく解説します

酵素と一般的に呼ばれるものには、食べ物を消化吸収するための『消化酵素』と、消化された栄養分が身体を作ったり守ったりする生命活動に必要な『代謝酵素』、それに食事として摂取する食物の中に含まれている『食物酵素』の3つがあります。

「酵素でデトックス」なんてよく聞きますが、いったいどんな方法で私たちの身体の中をきれいにしてくれているのでしょうか?

その仕組みをわかりやすく解説していきますね。

酵素を摂取すると消化酵素が増える

私たちの身体の中で作られる潜在酵素は『消化酵素』と『代謝酵素』です。しかし、潜在酵素を1日に作り出す量は加齢と共に減少していき、40歳代を過ぎると急激に減少し、20歳代の頃の60%、60歳代では30%にまで減ってしまいます。

そのため、外部から潜在酵素になるものを補充したいところですが、食べ物やサプリメント、酵素ドリンクから摂取できるのは、消化吸収を助ける『消化酵素』だけなのです。

デトックスに関係あるのは『代謝酵素』なのですが、実は『消化酵素』にも関連してくるのです。

スポンサーリンク

消化酵素と代謝酵素の関係

「じゃあ、代謝酵素は減ったままなの!?」とご心配される方もいらっしゃるかもしれません。実は『消化酵素』も『代謝酵素』も体内で毎日作られているのです。とはいえ、有限なことには変わりはありませんし、加齢と共に作られる量も減少していくのも事実です。

さらに、飽食の時代になり食事が欧米化するにつれ、『消化酵素』を1日に作り出す量より多く消費してしまう状態です。

『消化酵素』が過剰に消費され足りなくなってしまうと、『代謝酵素』がそれを補うために使われます。そのため、代謝が下がり疲れやすくなったりするのです。これではデトックスは望めませんね。

しかし、『消費酵素』を体外から摂取することにより減少を補うことができます。『消化酵素』が必要量あれば『代謝酵素』を温存することができ、結果として増加に繋がるのです。

スポンサーリンク

代謝機能が活発になるとデトックス効果

では、『代謝酵素』が上手く働けばどんなことが起こるのでしょうか?

新陳代謝が活発になり、免疫力が上がります。さらに細胞に栄養素を届け老廃物を受け取ることがスムーズに行われるため、毒素排出作用が活発になり、デトックス効果が期待できるのです。

スポンサーリンク

酵素を外部から摂取するには

体外から摂取できるのは『消化酵素』だと先に説明しました。では、どうやって摂取すればいいのでしょうか?

酵素は生野菜や果物に多く含まれます。熱に弱いので生で食べることが大切です。

大根おろしはその代表だと言えるでしょう。炭水化物を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼが含まれており、食事に加えたい食品です。また、生野菜と果物を豊富につかったグリーンスムージーなどにも酵素が多く含まれています。

もっと手軽に取りたいという方には酵素ドリンクが良いでしょう。

ここで注意しなければならないのは、加熱した酵素ドリンクは消化酵素の補充にはならないという点です。酵素ドリンクは食材に菌を加え発酵させたものです。しかし、加熱や酸化することにより失活したものは酵素活性がないわけですから『消化酵素』とはなりません。『消化酵素』として摂取したい場合は必ず生酵素を選択してください。

また、アミラーゼなどが含まれたサプリメントも『消化酵素』を効果的です。

このような方法で消化酵素を摂取することで、代謝酵素の減少が抑えられてデトックス効果が期待できます。

まとめ

毒素を排出するデトックスを促進するには、新陳代謝を上げるのがいちばんです。

代謝を上げる、ということは『代謝酵素』の働きをスムーズにすることです。そのためには、『消化酵素』の無駄遣いをしないことが重要になります。

『消化酵素』の無駄遣いには、過食、喫煙、ストレス、ジャンクフードなど食生活の乱れが考えられます。

そして、『消化酵素』は体外から補充できることがわかりました。熱に弱いので生野菜や果物などを多くとれるスムージーや大根おろし、発酵食品などに多く含まれています。

さらに、サプリメントや生酵素で手軽に補給できるので、『消化酵素』不足を防ぎ、『代謝酵素』を活発にすることにより、新陳代謝を上げてデトックスしていきましょう!