MREビオスはアトピーに本当に効く?アトピーの仕組みを知って納得

MREビオスはMRE新酵素という全く新しい成分が配合された、代謝機能と免疫力のアップに効果が期待されると評判の酵素ドリンクです。

MREビオスはアトピーに効く!との口コミを見かけるようになりました。実際のところはどうなのでしょうか。

酵素ドリンク「MREビオス」

アトピー性皮膚炎のことをよく知ってからMREビオスを考えよう

人や動物には免疫機能というのが備わっていて、病気から守ってくれています。しかし免疫機能に異常が起こると、逆に危険になります。その代表的なものがアトピー性皮膚炎です。アトピーに悩まされている方は多いです。MREビオスを始めたきっかけはアトピーを治すためだった、という方もかなりいます。

アトピー性皮膚炎が起きる仕組みを簡単に説明しましょう。これを理解しておくとMREビオスがアトピー軽減に期待できることがわかります。

アトピーとアレルゲン、IgEの関係

私たちがよく耳にする「アレルギー」は「アレルゲン」という物質によって起きてしまいます。よく似た名前ですよね。このアレルゲンと戦ってくれるのが「IgE」というもの。IgEのおかげでアレルゲンの活動が抑制されて私たちは通常の生活が送れるのです。

IgEを分泌するのが、やっと出てきました免疫機能です。免疫機能が体の状態を常に監視していて、異常が見つかれば適切なところに適切な量のIgEを配置して、アレルギーの症状が出るのを防いでくれています。

免疫機能が大切な役割を果たしていることがおわかりになったと思います。そんな重要な免疫機能がもし正常ではなくなったら、絶妙に保たれていた免疫間の均衡がおかしくなります。

IgEが暴走してアトピーを引き起こす

実はIgEという抗体も強力な物質で、適度に働くのは他の免疫の働きで抑制が効いているからなのです。免疫間の均衡というのはこのことで、バランスが崩れるとIgEが活動し過ぎる状態になります。

すなわち、放置しておいても問題のないアレルゲンまで攻撃してしまったり、何の関係のない細胞まで刺激を与えたり、という状況が起きてしまいます。体内でIgEの量が増えて、暴れてしまうのですね。

これが続くと状態が普遍化して、肌はいつも炎症を起こしていることになり、治りません。この症状がアトピー性皮膚炎です。

アトピーの根本的治療にはならないステロイド剤

アトピーになってお医者さんにかかると、ほとんどの場合はステロイド剤を処方されます。応急措置ですが、ステロイド剤にはIgEの性質を弱めてくれます。塗り薬としてプロトピット軟膏を勧められることもあります。プロトピット軟膏もステロイド剤と同様の効果があります。

MREビオスの出番はもうすぐです。免疫機能の話をもう少し続けますね。

免疫機能のバランスが大切

上で書いたIgEの話でもわかるように、体の中ではさまざまな免疫機能が働いていて、それぞれのバランスが保たれているので暴走することなく、攻撃すべきは攻撃して、抑えるところは抑えて、うまい具合に健康な状態を保っています。どれか突出して強い免疫機能があってはダメなのです。健康な細胞まで攻撃してしまいます。

大切な免疫間のバランス。その調整役をしているのが、腸なのです。免疫機能を果たすには免疫細胞が必要なのですが、免疫細胞の半分以上は腸で生成されています。

「腸内環境」「腸内フローラ」という言葉を聞かれたことがあると思います。腸内環境を整備して理想的なフローラにすることが、免疫力を増して、それがアトピーの改善につながるのです。ステロイドによるいたちごっこから脱するには、免疫機能の改善しかありません。

腸内環境の仕組みについて

MREビオスには腸内環境を整えることと関係があるのですが、その前に腸内環境について整理しておきましょう。

腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」が存在することは有名なのでご存じのことと思います。これらの菌がバランスをとって免疫機能を調整しています。悪玉菌は有害ですが、ゼロにすることはできません。

善玉菌

健康によいとよく聞く乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の一種です。消化を促進して栄養の吸収力もアップします。

排便は腸の蠕動(ぜんどう)運動によって起こりやすくなるのですが、善玉菌は蠕動運動をサポートする役割があるので、便秘の人には特に有益です。ヨーグルトが便秘にいいのはこのためです。余分な便がなくなると肌つやもよくなるので、美肌効果もあると言えます。

悪玉菌

悪玉菌の代表はウェルシュ菌や大腸菌です。食中毒の原因ともなりうるブドウ球菌も悪玉菌の一種です。悪玉菌は善玉菌の邪魔をして免疫機能を落とします。悪玉菌によって腸内のタンパク質が有害物質へと変化します

また、腸の働きが悪くなって便秘を起こしやすくなります。下痢も悪玉菌の影響です。

日和見菌

善玉菌にも悪玉菌にもなる可能性があるものが日和見菌です。そのときの体内の状況や生活習慣による体調などに影響されて、どちらになるか決定されます。実は腸内では日和見菌の割合が最も多いのです。

理想的な腸内フローラは?

これら3つの菌のバランス、理想的な腸内フローラは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割とされています。この割合を保つことで免疫機能が向上し、IgEの暴走を抑えることができ、アトピー性皮膚炎の軽減へとつながるのです。

偏りのない食生活をすると同時に、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌をできるだけ積極的に摂るようにしたいものです。

ストレスフリーな生活、適度な運動も免疫力アップに役立ちます。

MREビオスは腸内環境を整えてくれます

とはいえ、食生活や日常を改善するだけで治るほどアトピー性皮膚炎は簡単なものではないですよね。これを読まれているあなたがいちばん実感されていることでしょう。

そこで登場するのがMREビオスです。MREビオスはMRE新酵素という新しい酵素で代謝機能をサポートし、国際特許取得という形で認められています。

MRE新酵素は分子が非常に小さいこともあり、腸までもよく届くのです。腸での働きが活発になり、腸内環境を理想的なものにすることが大きく期待できます。

実際、MREビオスを飲むようになって便秘が解消されたという声をネット上でもよく見かけます。長年悩まされてきたアトピーがよくなってきたのはMREビオスのおかげというレビューもあります。

MREビオスで免疫機能を上げてアトピーに対抗!

MREビオスがアトピーに直接効果があるとは言い切れませんが(公式サイトにもそのようなことは書いていません)、腸内環境が向上するのは大いに期待できます。

そこから免疫機能を上げてステロイド剤に頼らずに暴走を止めて、アトピーの改善につなげるというアプローチも試してみる価値はあると思います。

ただ、MREビオスは決してお求めやすい価格ではありませんので、やると決めたら1か月意地でも飲み続けてくださいね。その継続する姿勢がよい結果を呼びこむかもしれません。

酵素ドリンク「MREビオス」